2021年4月9日金曜日

あなたの時間は限られている。

 

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life.

あなたの時間は限られている。
だから他人の人生を生きたりして
無駄に過ごしてはいけない。  スティーブジョブズ

「スティーブジョブズは、自分の子どもにはiPadiPhoneも触らせなかった」というのは有名な話です。ジョブズだけでなく、多くのIT系企業の経営者や幹部が、自分の家庭では、似たような制限を設けているのはなぜかというと、子どもは、特に中毒になりやすいということを熟知しているからでしょう。

子どもは精神的に自律できていないため、中毒にならないまでも、決して少なくない時間を浪費してしまいがちです。

もちろん、PCや携帯なしの生活は考えられない時代ですから、全く触れないという制限は難しいでしょう。上手に付き合っていくことが必要です。コツは、PCや携帯を、何の目的で使用しているかを明確に意識することです。
 PCや携帯をいじる時間は2種類に分けられます。
ゲームやライン、YouTubeなどをだらだらやっている「浪費する時間」と調べ物をしたりプログラミングをしたりする「生産的な時間」。生産的な時間に制限を加えることは意味がないので、この2種類は分けて考え、扱い方も変えるべきです。

子どもは自分のしたいことをしていればそれで済みます。子どものうちはそれでいいかもしれません。しかし、大人になっていく過程で、したいことばかりでなく、すべきこともできるようになっていかなくてはなりません。
 「時には、したいことを我慢してでも、すべきことを、すべきときにできる」ことは大人の条件です。

「すべきことに使う時間」「したいことに使う時間」。
今自分が使っている時間はどちらの時間なのか。
今この時間はどちらに使うべきか。
明確に意識することで、学習効率も含めた生活の質が向上するはずです。

                   パシフィック・セミナー 代表 北山義晃

0 件のコメント:

コメントを投稿

新学習指導要領の評価の観点

  1998年に成立した、いわゆる「ゆとり教育」を目指す学習指導要領以降、評価のしかたが複雑になっていました。 評価の対象となるのは「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「主体的に学習に取り組む態度」であり、新しい学習指導要領とほぼ変わりありません。ところが、これら3...